花を咲かせるエレベーターガール

現在ではエレベーターガールが存在しているデパートを探す方が困難になってきましたが、一昔前まではデパートと言えば「エレベーターガール」というくらいデパートにとってエレベーターガールは当たり前の存在とされていました。

エレベーターガールとは、その名称通りエレベーターに乗ってエレベーターを利用するお客様の行き先階を聞き、お客様の代わりに階数ボタンを押し、お客様の行きた階へとご案内する事が主なお仕事になります。

お客様がエレベーターを乗り降りする際は、お客様がきちんと乗り降りをするまでドアを開けておき、乗り降りが困難なお客様にはきちんと乗り降りがスムーズにできるようお手伝いを心掛けます。エレベーターのドアの開け閉めの際も、お客様に注意を払うよう心掛けます。

もちろんそれだけがエレベーターガールのお仕事ではなく、その他にも止まった階のフロアにある売り場うをご紹介をしたり、エレベーターをご利用するお客様がどのフロアにどの売り場が入っているが分からない場合は、きちんとお客様に分かりやすく教える事もエレベーターガールの大切なお仕事の一つとされています。

エレベーターガールはエレベーターの中でお客様と一緒に移動しますので、その際にお客様からの質問を受ける事が多くなります。その為、どのような質問を受けてもきちんと答えられるようエレベーターガールはデパートの細かな知識を把握していなければなりません。

また、お客様がいない場合は一階で待機する事が多いようです。エレベーターガールを日本で最初に取り入れたのは、1929年「松坂屋」の上野店が初めてとされています。

当時、松坂屋に来店されるお客様の中にはエレベーターの操作に不慣れな方もいらした事によって、エレベーターの操作の補佐をする目的でエレベーターガールが導入されたようです。それがきっかけとなり多くのデパートでもエレベーターガールが取り入れられるようになっていきました。

エレベーターガールには主に若くてキレイな女性が多く起用されており、キレイな制服にその優雅な立ち振る舞いなどから若い女性の憧れの職業となり、人気職業の上位にまでランク付けされるくらいの人気となりました。

このように少し前まではデパートの顔のような存在として活躍されていたエレベーターガールですが、バブル経済崩壊の影響を受けその後の不況が続いた際に、エレベーターの高性能化や自動運転などの理由からエレベーターガールの必要性が薄れてきてしまいエレベーターガールは人件費削減の対象となってしまいました。

その為、徐々に多くのデパートからエレベーターガールの姿を見かける事が少なくなってきました。現在でも世界中のデパートのどこかでエレベーターガールが活躍しているかと思いますが、希少価値が付くくらい貴重な存在とされているエレベーターガールを見つける事は難しのかもしれませんね。

女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。